アームカバー ~母の日のプレゼント~

今度は私の母に、母の日プレゼントをあげました。
ガーデニング?畑仕事?に精を出す母にアームカバーを作りました。
アームカバー1 アームカバー2
アームカバー3 アームカバー4
  
アームカバー5
ちょうどアームカバーを探してた所だったとか。
ナイスタイミングで喜ばれたので私もうれしかったです♪
アームカバーの作り方はいたって単純で簡単に作れますが、
さすがに一気に5枚組作るのは大変なものでした・・・。

お弁当袋 ~作り方~

幼稚園で使うお弁当袋を作りました。
お弁当袋前 お弁当袋横
では作り方を紹介したいと思います。
生地を写真のサイズを参考に裁断します。
生地裁断
切り替えの必要ない方は上布と下布の縫い合わせのための縫い代分
それぞれ1cmずつ引いたサイズで裁断してください。

“お弁当袋 ~作り方~” の続きを読む

ランチョンマット ~作り方~

息子が幼稚園で使うリバーシブルランチョンマットを作ってみました。
ランチョンマット
作り方を紹介したいと思います。
生地を裁断します。
生地A裁断 生地B裁断
生地の裁断方向ですが、2枚の生地の地の目線を同じ方向に裁断するようにしてください。
地の目の向きが2枚バラバラですと、洗ったときによれが出てしまう場合があります。

“ランチョンマット ~作り方~” の続きを読む

地の目線について

ちょっと今日は生地についてのまめ知識を紹介してみたいと思います。
生地には地の目線という縦の線があります。
地の目線と耳
これは布端の耳と同じ方向の線のことです。
地の目線
洋服などの型紙を見るとよくこういった地の目線が書いてあります。
地の目線と平行
これは生地の布端の耳(縦の線)に平行して置くと言うことです。
耳がなくなってしまい、縦と横がわからない場合は生地を引っ張るとわかります。
縦に引っ張る
縦の線は上下に引っ張ってもほとんど伸びません。
横に引っ張る
しかし横の線は左右に引っ張ると少し伸縮性があります。
なので洋服などは地の目線に合わせて生地を裁断しないと縦に伸びてしまったり、
横に伸びず着づらい服になってしまったりします。
バイアスでとる場合また別ですが。
バッグなども地の目線を横にして裁断すると伸びてしまい、耐久性が低くなってしまいます。
なので生地を縦にして裁断することをおすすめします。
ちょっとしたまめ知識、お粗末さまでした。