まん丸バッグ ~作り方~

ま~るいバッグを作ってみました。
☆表
まん丸バッグ表
★中
まん丸バッグ中
では作り方を紹介していきたいと思います。
まずは型紙を作ります。
コンパスで円を描く
大きいコンパスでハトロン紙に直径36cm(半径18cm)の円を書きます。


☆クリップコンパス
クリップコンパス
きれいな円を描きたかったので私はクリップコンパスと
さらに大きい円を描くために延長バーを購入しました。
でも、わざわざ買ってまで・・・、と思う方のために
別の方法での円の描き方を紹介します。
プッシュピンを刺す
プッシュピンに糸、もしくは針金を外れないように縛ります。
ハトロン紙をおき、プッシュピンを刺します。
テーブルなどに刺したくない場合は消しゴムなどを下に置くといいと思います。
もう片方の糸の先には鉛筆などを巻き、18cmの長さになるよう調整し
テープでしっかり固定しておきます。
糸と鉛筆で円を描く
鉛筆をしっかり立て円を描きます。
プッシュピンの下に消しゴムなどを置くとぐらつきやすいので
プッシュピンの方もしっかり押さえながら描きましょう。
この方法だと円が多少ゆがみますが、実際バッグが出来上がると
意外ときれいな円になっているので多少ゆがんでも大丈夫ですよ。
円が描けたら線どおりにはさみで切り取ります。
直径36cmの円
切ったら円を半分に折り中心の線を入れておきます。
円を半分に折る
中心線
持ち手の部分の円を描きます。
持ち手の円
中心線の一番上から7.5cmの所にコンパスの針を置き、
半径5.5cmの円を描きます。
切り込み
中心線をつまみ、円に切り込みを入れます。
円をくりぬく
線に沿って円をくりぬきます。
まちの部分の型紙を作ります。
まち型紙
64×7cmの長方形を書いて写真の数字どおりに印をし、直線を引きます。
内側に引いた線の方を切りまちの型紙を作ります。
型紙が出来上がったら表地、裏地、接着芯を型紙どおりに裁断します。
☆接着芯
接着芯
写真の枚数どおりに接着芯を裁断します。
持ち手を補強するために直径11cm(半径5.5cm)の円を描き
さらにその周りに0.7cmの縫い代をとり裁断しておきます。
表地、裏地を裁断
表地裁断
合印
円の上と下の部分に中心線の合印をつけておきます。
接着芯を生地にはります。
枚数は写真の記載どおりです。
☆表地
表地
★裏地
裏地
持ち手補強用接着芯をそれぞれ表にはっておきます。
バイアステープを作ります。
<バイアステープの作り方>
斜めに線を引く
バイアステープ裁断
生地を斜めに5cmの幅で線を引き裁断します。
2枚重ね裁断
2枚のテープの端と端を重ね2枚一緒に斜めに切ります。
バイアステープ重ね縫う
テープを中表に交差して重ね写真のように
テープの先が0.5cm出るようにし、0.5cmのところを縫います。
縫い代たおす
アイロンで縫い代を左側に倒し、ちょこんと飛び出ている所は切っておきます。
テープメーカー
テープメーカーを使ってアイロンをかけながら折り目をつけ
バイアステープを完成させます。
長さはとりあえず3m30cmあればたりると思いますが
たりなくなるようであれば継ぎ足してください。
バイアステープの長さを調整し輪にします。
長さ調整
バイアステープを2つに折り持ち手の部分の上にのせ仮止めをしていきます。
仮止め
始まりの所にあわせ終わりの所にまち針で印をします。
斜めに切る
仮止めをはずしテープを広げ始まりと終わりを重ねあわせ
さらに縫い代1cm分多くとり、ずらしてまち針で止めます。
斜めに切り先程と同様につなぎ合わせ輪にします。
輪にする
このように持ち手のバイアステープを2本作ります。
本体長さ調整
持ち手の部分同様に本体のバイアステープも仮止めし、
長さを調整し輪にします。
まちを縫い合わせます。
1cm折る
両端1cmずつ折り曲げておきます。
まち縫い合わせ
まちの表地と裏地の裏通しをあわせ両端だけを端ミシンし、
他はしつけをして縫い合わせておきます。
本体をしつけます。
本体しつけ
本体の表地と裏地の裏通しを重ね合印をあわせまち針で止めて
ぐるっと一周しつけをしておきます。これを2枚作ります。
持ち手にバイアステープをはさみしつけをします。
持ち手にバイアステープ
接着芯が隠れるようにバイアステープをはさみ、しつけをしてミシンで端を縫います。
このとき下になるバイアステープが縫いもれのないように気をつけましょう。
ちゃんと縫えていたらしつけ糸をとります。
本体とまちを縫い合わせます。
まち中心印
まちの中心にまち針で印をしておきます。
まちと本体を縫いしつけ
まちの中心と本体の中心の合印をあわせまち針で止めていき、しつけをします。
本体にバイアステープ
さらにその上にバイアステープをまち針で止めしつけをしていきます。
ミシンでぐるっと一周縫いつけます。
バイアステープミシンがけ
まちと本体が重なっている厚みのある所は折り目の線より手前(0.7cm)
のあたりを縫うようにします。まちがなくなり、厚みの少ない所は
折り目(1cm)の所を縫っていきます。
ミシンで縫えたらここですべてのしつけ糸をとっておきます。
バイアステープしつけ
バイアステープを表にかぶせぐるっと一周しつけをします。
バイアステープ端ミシン
端をミシンで縫います。
同様に反対側もまちと本体を縫い、バイアステープをつけ
しつけ糸をとったらできあがりです。
まん丸バッグ完成
完成!
長丁場おつきあいいただきありがとうございました。

「まん丸バッグ ~作り方~」への3件のフィードバック

  1. びびちゃんさん、こんにちは。
    遊びに来てくださりありがとうございます。
    遅いコメントになってしまいすみません…。
    ほめていただけてとてもうれしいです。
    びびちゃんさんも子育て楽しんでくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です